いきなり給料が未払いに。

たくさんの積まれたノートわたしが10代の頃の話です。従業員は10名ほどの小さな会社で、高校生の頃からテレフォンアポインターとして働いていました。大学卒業後は一旦別の会社に就職しましたが、退職してフリーターの状態の時に、会社の従業員である知り合いから「今従業員を募集しているから、戻ってきたら」と声をかけてもらいました。

「知り合いもいるし楽だから」という軽い気持ちで、古巣の教育関係の会社で正社員として働くことにしました。会社は教育関係とは名ばかりの会社で、実際はよくある教材販売の会社でした。共同経営ということで2人の代表の下で働いていました。

税務署から来たという人が何度か会社に来たり、何度も事務所の引っ越しがあったり…と、今考えたら怪しい会社である匂いはすごくしていたんですが…。当時は若かったこともあり、ただ日々が過ぎる中働いていました。

そんなある日、代表の1人から「今月から給料は払えない」といきなり言われたのです。従業員はパニック。事務所の家賃も払えないということでその日から事務所を閉める準備に追われました。次の仕事も見つからない、今月の給料が出ないのに顧客対応に追われました。結局、代表2人とは連絡が取れず30万円ほど給料は未払いのまま、泣き寝入りするしかありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)