よその家庭では子供にローンなんて組ませない、と知るのが遅かった話

実家が自営業で、「いつ倒産するか分からない」という理由で奨学金を受けるよう言われました。もちろん学校に通えなくなったら困るため、言われるまま奨学金を受けました。
その後、家は倒産することなく無事に奨学金に手を付けずに卒業できたのですが、卒業式の後「事業資金に奨学金を貸して欲しい、責任をもって返す」と言われ、疑うこともなく借用書も切らずに貸しました。
就職して一人暮らしのため住民票を移したのですが、毎月奨学金のはがきが届きます。「返済の手続きは全てするから、通知が来たら全て持ってきて欲しい」と、親から言われていたので、何も考えることなくはがきは親に渡していました。

その後、実家が倒産することになり、実家は他人のものになりました。

マンションの外観イラストそして新天地で自分たちが住む家を買うのに、「自分の名義ではローンが組めないからお前の名前でローンを組んで欲しい、家族のために協力してくれ。」と頼まれ、なかなか立地のいいマンションを、23歳の私名義で買いました。
でも、そこのマンションを人に貸したんです!
「名義貸しって違法行為だよね?家族が住むならと思って渋々了承したのに、なんで自分が住まないの?」そう追求すると、「自分は自営業で年金がろくに出ないから、年金代わりに財産作って何が悪い!?」と開き直りました。家の件は確かにきっちり支払いしていますが…。
そのローンがあるせいで、私は夫と家を買うことになっても、私が一部負担することはできないんです。それに、先に書いた奨学金も、一銭も返してくれていなくて、30万に滞納が付いて60万になっていたんです。私という人間に、借金滞納の記録が残るというのに。無責任で信じられません。

もちろん、お金のことで信用できなくなって以降は、二度とお金は貸していません。
私が財産で揺らぐと思っているのか、たまに「自分の死後は、○○は弟にやって~」などとちらつかせてきますが、弟には一連の経緯は話していますし、名義も私であるため決して親の財産ではなく、弟の所にはいかないから、もしお金をちらつかされてもそれで自分の行動を決めるなと言ってあります。
親のせいで親戚とトラブルが起こるのは目に見えているので、せめて兄弟とだけは良好な関係を築きたいですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)