イケメンだった先輩が豹変。近づけない人に。

チャラい男先輩にとてもかっこいい人がいました。 ただかっこいいのではなく、隣町に住んでいた私たちの親もその先輩の存在を知っているほどでした。 噂によると、親はヤクザとかなんとか…。 でも、そこまでチャラけすぎず、イケメンな少し色の黒い先輩でした。 中二当たりから、荒れ始めたらしく、問題はしょっちゅう起こしていました。 万引き、恐喝等、今思えばまだ可愛いものでしたが、中学を卒業してからは、薬中になっているとかで、みんなは避けていました。

大きな原因はお金。地元のメンツにお金を借り回ってたそうです。 それは同期だけでなく、後輩の私達も段々餌食に。 断れば良いのに!と思うかも知れませんが、もしかしたら凶器を持っているかもと話もあがり、ありえなくない話だったので、私は地元の道を歩く時は基本的にお財布は持たず、小銭だけにしました。 1度だけパタリと会ってしまった時には、もちろんお金の話をされましたが、私がお財布を持ってないのを確認したら黙っていました。

その先輩もいつからそうなってしまったのか、とても悲しい気持ちでしたが、 私たちの力ではどうすることもできず、今はどこにいるのか分からなくなってしまいました。 最後はお金でこじれてしまった関係、これは一番修復が難しい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)