マルチ商法が原因で借金しまくり失踪

大学生の頃、友人のAから聞いた話です。

友人のAと、Aと友人のKさんは同じサークルに入っていたそうです。Kさんは根が真面目で、大学の講義もサークル活動も欠席なんてしたことがないような人でした。私も何度かKさんとあったこともありますが、真面目で誠実そんな言葉が似合う人でした。

狙われる女子そんなKさんですが、急にサークルに来ない日が増え、最終的に1ヶ月ほどサークルに顔を出さなくなったそうです。Aは何度もKさんに連絡をとったらしいのですが留守電続きで、メッセージを残しても折り返しかかってくることはなかったそうです。

AはサークルのメンバーにKさんについて聞いたのですが、そこでとんでもないことが発覚しました。Kさんは同じ学科、サークルの人たちから何万ものお金を借りて、そのまま姿を消したそうです。そのことを教えてくれたのはAとKさんと同じサークルのBさんでした。

BさんはKさんと学科も同じらしく、Kさんからお金の工面をお願いされたことがあるようです。BさんもKさんがそんなことを言うとは思ってもみなかったらしく、理由を聞くと生活が危ないから貸して欲しいと。BさんはKさんのために2万円ほど貸したそうです。

Kさんは来月の給料日になったら返すと言ってそのお金を受け取ったまま姿を消したようでした。それを聞いたAはKさんの両親に連絡をとったそうです。するとKさんのご両親もKさんとは連絡がつかなくなっているようでした。

それからしばらく経った頃、いきなりKさんからAに電話が来たそうです。Kさんはまたお金を貸してくれないか、とAに言ったそうです。Aが今までの状況について全て話すとKさんもなぜ連絡が取れなくなっていたか事情を説明してくれたそうです。

曰く、マルチ商法に引っかかって100万の借金ができてしまった。なんとかしようとみんなから少しずつお金を借りたが、借金も返せないままでどうしようもなくなったと。

そのまま逃げてたらみんな忘れてくれるかもしれないと思ったと言っていたらしいです。AはKさんから聞いたことをそのままKさんの両親に伝え、なんとか借金も皆から借りていたお金も返したそうですが、そのままKさんは大学をやめてしまったそうです。

この話はKさんを見なくなって不思議に思った私がAに尋ね、そしてAから聞いた話です。Kさんが大学をやめた後もそのサークルではKさんの話は語られているようで、金銭面での裏切り行為はどんなに真面目であった人でさえ悪になってしまう恐ろしいものであると実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)