レジ金が盗まれたが犯人はあの人だった

レジ約6年くらい前の出来事ですが、私が焼肉店で勤めている時に自分が経験した出来事です。営業時間が終わったその日もいつも通りに売上管理とレジ金の確認を終えて帰宅しました。私が働いてた店ではお札以外の小銭はそのままレジに入れたまま帰るが普通でした。問題が起きたのは翌日でした。いつも営業時間前にはレジ金を確認するのですが、小銭が一枚もないんです。変に動揺していつもレジに入れて帰ってるのに違う場所にあるんじゃないかと探したくらいです。

結局見つかるはずもなく、被害額は1万ちょいくらいと少なかったのですが一応警察に連絡しました。警察が到着すると、指紋やら事情聴取やら色々調べられました。警察の方は自分を少し疑っている雰囲気でした。なぜならこのお店では店長である自分だけが鍵を管理していたのですが、店の鍵や窓がこじ開けられた形跡がなかったからです。盗んでもないのに長々と聴取されてるのは気分が悪いものでした。

とりあえず何時間かして警察の方が帰った後に、オーナーから電話が入りました。「寿司店のお金も盗まれた」と。うちのオーナーは焼肉店2店舗と寿司店を2店舗、卸用の肉店を経営してました。これはおかしいと、系列店からも連絡が入りました。何故なら寿司店も、自分のお店と同じ手口でどこも荒らされてないからです。その翌日にオーナーから連絡がきて犯人が分かりました。

犯人は自分もよく知っている人でした。なんと同じ系列で働く、毎日お肉を配達してくれる卸の人でした。実は各店舗用の鍵の合鍵が本部にはあるのですが、オーナーの右腕だったこの人は、許可なしに借りられていたみたいで、そこに目をつけての犯行だったようです。実は防犯カメラで分かったらしいです。いつも笑顔で、お話しもよくする感じのいい人だったので、とてもショックを受けたのを今でも覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)