友人が金を持ち逃げし絶縁に

もう20年ほど前の話になります。よく一緒に遊んでいた友人からお金のことで相談を受けました。

札束を内ポケットにしまう内容は10万円ほど貸してほしいとのこと。私はなぜ必要なのか詳細を聞いたのち友人が困っているのならということで10万円を貸すことにしました。返済期限は1ヶ月という約束だったのですが、2ヶ月、3か月経過しても返済してくれる気配がありませんでした。しまいには私の前には顔を出さなくなりました。

私の友人仲間は月に1度の飲み会を開催しており、その目的の中には友人同士の旅行計画で積み立てを行っていました。私は仕事が忙しく月に1度の飲み会への参加もままならぬ状態で、積み立ては参加していなかったのですが、友人仲間の話によると積立金も持ち逃げしたらしく月に1度の飲み会にも顔を出さなくなっているとのことでした。積立金の金額は70万にも及ぶ金額だったそうです。

それから20年の月日が経ちましたが、あれから1度として私たちの前には顔を出すこともありません。1度だけ仲間がパチンコ店で見かけたらしく、本人に謝罪も含めみんなの前に顔を出すように勧め、本人の了解を得たらしいのですが、再度行方が分からなくなり音信不通の状態です。

今では友人の中から信頼はなくなり絶縁という形になってしまいました。本当にお金というものは恐ろしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)