悪質な信頼していた友人の裏切り行為

フィーバーしたパチンコ玉社会人になり仕事にも慣れてきた頃に、同じ職場でいつも一緒に仕事をしていた友人がいました。とても気が合いプライベートでもよく一緒に遊んでいました。一緒にいると気が楽で仕事をするのも楽しい程でした。2人でよく行っていたパチンコ店があり、そこの店のイベントの日など必ず2人で行っていました。ある日、友人はそのパチンコ店で一緒の時に財布を落としてしまいクレジットカードの再発行まで生活が出来なくなってしまったと言ってきました。

そこで5万貸してくれと言われたのですが、パチンコで勝っていたというタイミングでしたし、その友人に絶対的な信頼を持っていたのでお金を貸しました。少しだけ嫌な予感はしましたが、そのパチンコ店に行けば大体友人がいたので、安心していました。パチンコするお金があるなら返せばいいのにと思いましたが、勝って余裕ができた時にでもくらいに考えていました。そして、また私がパチンコで大勝ちしている時にもう5万円貸してほしいと言ってきたのです。

その時に不安がよぎりましたが、どうせ職場もパチンコ店も同じだからいつか返してくれればいいと思いお金を貸しました。その次の日から友人は職場に来なくなり退職していました。連絡も一切できなくなり、そのパチンコ店にも顔を出さなくなりました。驚きと衝撃と悲しみが同時に私を襲いました。お金だけならまだしも友人まで失ったことが悲しかったです。その時にどんな人間だろうが、どんな額だろうとお金は貸さないと決意しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)