母と叔母の縁が切れた

私の母は自分自身の妹との間で金銭トラブルを経験したことがあります。母の妹は私から見て叔母になるのですが、大阪で家族4人で生活をしていました。ある日、母の携帯に叔母から連絡があり「50万円を貸して欲しい」と言われたそうです。

母はそんな多額のお金は貸すことはできないと一旦は断りましたが、「どうしても必要だから」と言われて、仕方なく30万円を貸しました。絶対に返すという約束をしたらしいですが、それから5年間、1円も返済されたことはありません。

札束のイラスト
母は「少しでもいいから返して欲しい」と叔母に伝え、その時は「できるだけ早く返す」と言われたそうです。しかし、それから1週間後に、何を思ったのか叔母から母宛に高級な果物がたくさん届き、母は「こんなものを買うお金があるなら1万円でも返すべきでしょ!」と怒って、叔母に電話をしていました。
結局それから5年経過してもやはり借金は返済されることなく、母はもうあきらめて、その後叔母と連絡を取らなくなりました。私にも「叔母とは接触しないように」と言われました。30万円で身内の縁が切れてしまうなんて、お金は怖いなと思いました。たとえ兄弟や親子などの身内の間でもお金の貸し借りをするとトラブルに巻き込まれることがあるので注意しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)