父の従兄弟の自死未遂で。

ある時、父からの電話を受けた母の顔色がどんどん変わっていくのを見て、『これは何か大変な事でも起きたのか』と思い、電話の内容が気になって仕方ありませんでした。切った後、母から「父の従兄弟のMさんが自死未遂した」と聞かされ、驚きよりも「どうして?」という気持ちしか出てきませんでした。
それからMさんは300万円もの借金を抱えているという事も母から聞かされ、父や、父の姉にあたる伯母、従兄弟の兄弟などがお金を出し合って、借金を返済しようという事になってるとそうでした。
Mさんは大手企業に勤めるサラリーマンで、数か月前から人事部に配属になり、同期の同僚などをリストラしなければならないなど、かなり精神的にも辛い状態だったそうです。
そういった状況もあって自死未遂をしたのではないか、と母は話していました。借金についても、不安を紛らわす為に休日はいつも一日ギャンブルに興じ、最近では家庭をかえりみないばかりか浮気も何度も繰り返していたそうです。
手術中のドアのイラストMさん一家は同じ県内に住んでいたので、お見舞いに家族で行くことになりました。Mさんの奥さんは憔悴しきっていて、私たちがお見舞いに行くと崩れ落ちるようにしばらく泣いていました。そして父が奥さんにお金を渡して「これで借金を返済する足しにして」と話して、ベッドにいるMさんを見ましたが意識が混濁しているのかよく分かってないようでした。

看護師さんが「すみません、これからリハビリに連れていく時間なので」と話しかけてきて、ベッドごとリハビリセンターへ移動する様でした。そこで私たちも奥さんを励まして帰りました。

ここまでは良かったのです。
本来なら父や従兄弟の兄弟などから受け取ったお金を、少しでも返済するのが普通だと思うのですが、奥さんからのその後の手紙では「どうもありがとうございます」と、プレゼント感覚でもらったかのような書き方でした。それには父も「もうあいつらとは縁を切る」と怒っていました。

 

父の姉にあたる伯母もお金を出したのですが、Mさんの奥さんは何を思ったのか伯母には先にお金を返したようで、従兄弟の旦那にあたる人も「うちに先にお金を返すべきだろ」という話に発展して、従兄弟も伯母も父もみんながぎくしゃくした関係になってしまいました。
結局Mさんは離婚して故郷に帰りましたが、お金という物で、人の心はこんなにも変化してしまうものなのかとつくづく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)