身内に貸したお金が滞納された

私は自身の身内に金銭を貸してしまったばかりにとんでもない額に膨らんでしまった苦い経験があります。

今から10年以上も前からの事です。私が子供達の為に貯めていた教育資金等を貸していました。一度で数十万で、最初は返済されていたのですが後々返済が滞るようになってきたのです。
しかし返済を迫るという行為は、身内相手だと切り出せない自分がいました。ですが数年前に離婚した私は、人様にお金を貸している余裕もなくなっていたのに、離婚しても尚、借りようとするその身内に対し、ある時私は怒ってしまいました。

飛んでいくお金と男性
「母子家庭の私に借りようとするなんて最低!息子が大学で奨学金を借りているのも、あなたの借金返済が滞っているからでしょ!あなたが私に返済さえしてくれていれば、授業料は4年分一括で支払えたわ。恥を知れ!」

そう怒りましたら、その後は借りに来ることはなくなったのですが、返済額はまだ残ってます。私は怯む事なく、年に2回の大学授業料を返して貰おうと、春と秋前には催促するように口を酸っぱくして何度も言い続けています。その行為は第3者がいる前でします。
怒った私はこの話を息子にしました、子供にこのような話をするのは酷だったかもしれません。でももう成人しましたし、息子には同じような人間になって欲しくなかったので、「心して大学生活を送り留年することなく卒業して欲しい」と、留年する場合、自分でバイトして支払うようにと危機感を持たせています。
お金の貸し借りは信用問題。いくら身内と言えどいけない事だと思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)