月別アーカイブ: 2017年11月

払った飲み代で水掛け論になり二重払い

割り勘の様子私が新入社員のころ、部署の先輩に連れられて4人で飲みに行きました。1次会の後で会計をする段になって、先輩が自分のカードで払ってポイントを付けたいというので、先輩が他の3人から5000円くらいずつ集金して先輩がカードで会計をしました。私は1次会で帰ることを告げてあったので会計が終わったタイミングで全員に挨拶して先に帰宅しました。残りの3人はそのまま2次会に行って終電近くまでしっかり飲んだようでした。

翌日になって、先輩に「昨日は先に帰ってすみませんでした。」と挨拶に行くと「あ、昨日の代金5000円払って。」と言われました。「確か、昨日払いましたが…。」と言ったのですが、「いやいや、財布の中身確認したらお前の金額分だけ足りないから。お前昨日急いで帰ったから貰うの忘れちゃった。」と言われてしまいました。 明らかに先輩がその後2次会で使ってしまったのに飲みすぎて忘れたか、他の2人に奢ったのを忘れたかしているだけで私は確かに払ったので、1次会の店で払ったタイミングなどの詳細を正確に話しました。

先輩はその時点で気づいたはずなのですが、自分が忘れたことを認めたくないからか「いや、他の2人からはもらったけどお前からはまだだ。お前がせわしなく帰ったから請求しそびれた。とにかく払え。」「俺がそんな5000円ぽっちで嘘をつくと思うか!」と、私が2次会へ行かなかったことを責めるように矛先を変えてきたので、新入社員で立場の弱かった私は「遅くなってすみません。」と言ってもう5000円先輩に二重払いしてしまいました。思い出すだけで悔しいです。