mika のすべての投稿

お金の貸し借りは、早く精算しないと忘れられる

共通の友人の結婚式に呼ばれた時のことでした。その日は、私もその子も行けなくて、2人でお祝いをしようということになり、買い物に私が行き、その代金を友人からもらうようになってました。お祝い返しもきて、しばらくは私にお金を返さなきゃいけないことを覚えてくれていたので「気にしないでいつでも大丈夫だよ」って言ってました。金額は6000円程度。

香典袋その後、また共通の別の友人のお母様が亡くなられて、私がお悔みに行ったので、その友人の御香典をたてかえることに。合わせて11000円。自宅はお互い近かったし、お金を借りているのだから返しに来てくれるかもしれないと思ったので、そんなに心配はしていませんでした。その後、みんなで食事に行こうということになった。会えるならいいなと思ったので、お金も返して貰えると思っていました。

貸していた友人にお金をせっつくのもどうかと思ったので、お返しとか来たかな?と聞いてみました。「あっ来たよ」という返事。「よかった、ちゃんと貴女の分もしていたから」と言うと、「助かったよっ」との返事。そして続けて「私返したよね?」と言われたから、「いや、会ってないから返して貰ってない」と伝えたけれど、話がごちゃごちゃになってしまった。

最初に貸した時からは2年経っていました。やはり早く返して貰わなきゃ、相手は忘れてしまっています。自分も悪いと反省したけど、何だか嫌な気分が残りました。

引っ越し当日に来た浄水器詐欺業者!

当時新婚だった私はローンを組んで買った新築マンションに引っ越してきました。引っ越しの荷造りをほどき、ガスやさんやその他の業者さんが出入りされる中、あの男はやってきました…

「ピンポーン」と玄関のチャイムが鳴りました。オートロックマンションなのにおかしいな、(玄関のチャイムが鳴ったということはもう部屋の前まで来ている)と思って出ると、「マンションの管理会社から紹介されてきた浄水器の業者です」とのこと。今日、このマンション全部屋の、浄水器の取り付けに回っているというのです。

業者風の詐欺師それまで業者さんの出入りが多かったので、特に疑問に思うこともなくその男を家に入れました。旦那も在宅だったので、特に危険だという気持ちもありませんでした。男はこう言いました。「浄水器は3か月に1度カートリッジを交換しなければいけないけど、私が今日持ってきたこのカートリッジなら10年は交換不要で値段は5万円…」

その瞬間、ん?と思いました。だって、その男が手にしているカートリッジはどう見ても普通のものと何ら変わりないシンプルな形。こんなもん10年も交換しなくていいならメーカーの人苦労せんわ!もちろん断りました。あとでマンションの管理会社に連絡すると、案の定そんな業者は手配していないとのこと。

そして、同様の手口で被害にあった人がすでにいて、クーリングオフの手続きをしているとのこと。私もあのバタバタの中で一人だったら、つい騙されてしまってもおかしくありませんでした。

先輩に突然30万貸してくれと言われた!

自分は30歳のホームセンター勤務で店長をやらせてもらってた時期でした。地元の先輩とは一緒にゴルフをやったり、旅行に行ったりを団体でもしていました。自分は大学中退で地元に21歳で帰ってきてアルバイト~就職して働いていました。地元のゴルフの団体などに入りその先輩とも小学校は一緒で、家族通しも付き合いのある感じです。最初のうちはゴルフでも飲み物や食事を奢ってくださったり、旅行でも先頭に立って幹事してくださる面倒見の良い先輩でした。

トラックその先輩は自営業で運送会社をやっており、その人の父親から続いている会社です。その父親が病気になって2台あったトラックが1台しか走らなくなり、収入も厳しくなっていたのかもしれません。夜の飲み屋を始めたと言い、団体でも飲みに言ったりもしました。その飲み屋を始めた時期に電話があり「従業員の残業代を払いたいから30万貸してくれ、売り上げが年末にぐっと上がるからその時に間違いなく返す。」と言われました。

12月に貸して年明けにすぐかえってきました。返したその場でまた、「その30万のうち15万また貸してくれ、トラックの方のタイヤ交換に金が必要なんだ。」怪しく思い、そこでお金を貸すのはもう断りましたが、地元の知り合い中に借りあるってたみたいで、ある人は60万貸してる、ある人は40万貸してる、地元の車屋さんはトラックの車検代4代分つけてある、など金銭トラブルの常習犯だったようです。

夜のお店で知り合った女の子と、3人子供がいて奥さんもいる身でしたが、浮気をして、浮気相手の家にも住み着き自宅にも帰らず遊び回ってるみたいです。生活が乱れてしまっていてお金の出入りがおかしくなっている様子は見受けられましたが。。。今でもまだお金を借りて仕事をしないで遊んでいると聞きます。

結婚して子供が出来たらこんな風になってはいけないと、周りでは言っています。何がきっかけでお金が足りなくなったのか、真実はわかりませんが、お金を借り歩く、信用をなくす行動は無くしていきたいですね。借りたお金を返せないのは信用を捨ててるのと一緒で、金銭トラブルからの信用没落と言ったところでしょうか。財布の出入りは身の丈にあわせないといけませんね!

友達が隣の部屋の女性と金銭トラブルに。

綺麗な女性この話は私の友達K君の話です。数年前の出来事です。彼は実家から歩いて5分くらいの場所のアパートを借りて暮らすことになりました。それまで彼は実家から仕事に行き生活をしていました。しかし、県外に行っていたお姉さんが結婚し子供も生まれ、ご主人と共に地元で生活するため戻ってきたのでK君はお姉さんたちの為と年齢的にも自立し結婚を見据えてと両親も鍛えるために家から出ることとなったのです。

友達数人で彼の引っ越しの手伝いをしました。駐車場もありK君のお父様と知り合いの不動産屋さんのおかげで安く借りられて1年も経過していないアパートで綺麗でした。丁度彼の部屋に荷物を運んでいると丁度隣の部屋から髪の長い美人の女性が「こんにちは。」と出てきました。Tさんという女性でモデル並みの体系で綺麗でした。K君は「隣に美人がいるなんてラッキーだ。緊張するな。」と浮かれてました。

荷物を積み込んでいるとやたら彼女の部屋がうるさく耳を澄ますと犬の鳴き声が…。K君のアパートはペット買うのは禁止でした。私は内心、「ここ大丈夫なのかな?K君は上手く生活できるのかな?」とその時一瞬不安になりましたが、それほど気にせず引っ越し作業も終わりました。

私の通勤帰宅途中に彼のアパートはありました。よく仕事帰りのK君と会い軽く話て帰ることも多々ありました。彼のアパートの近くで話していると「こんばんは。」とTさんが笑顔で会釈し出て行きました。K君の話だと看護師さんだと聞かされました。車も赤の外国のメーカーの車でした。そんなある夏の日に帰宅時にK君とまた鉢合わせ。彼の家に上がることになり軽くビール飲み話になりました。

K君は「おい。俺隣のTさんとデートすることになった。できれば付き合いたい。」と聞かされました。こいついつの間にと思いましたが彼の本気具合も真剣で上手く行けばいいのに応援することになりました。しばらくで「付き合うことになりました。」とメールが来たときは嬉しかったです。それからK君とあまり会うことはなくなりました。私は仕事の忙しさやTさんと一緒にいたりするのだろうと思い、特に連絡もしませんでした。

秋の終わりが近づいてきた時でした。スマホに着信があって出るとK君でした。声を聞くと元気がなく何かにおびえていました。内容は「助けてくれ。俺は殺されるかもしれない。それに金銭でトラブルが起きて…」と発狂して喚いてました。私は落ち着くように促し、もう一人の友達S君と一緒に彼のアパートに行きました。部屋に入るとK君は髭を生やして生気もなく痩せこけていました。私とS君は驚きを隠せませんでした。

何があったのか聞いてみる「隣の女、Tに騙された。金貸して金を取られた…やられた。」と涙を流し号泣しました。冷静にさせ泣き止ませ聞くと、K君はTさんと付き合うことになりました。ですが1週間も経たないうちに、Tさんは「実家のおとんが脳梗塞で帰らなくちゃいけないのに。お金ないから貸して。」と新幹線代をK君は数万Tさんに渡しました。

数日後帰ってきて、K君の部屋に行き、「おとんは落ち着いた。今度は車が故障したの。車検でお金掛かる。来月の給料でたら返すからとりあえず車検代くらい貸して。」とK君は約30万くらい貸しました。その後資格試験とあなたの部屋で暮らしたいからベットや買ったり諸費用が欲しいから。」と更に数十万K君は言われるがままに貸しました。翌月給料日になりK君はTさんの所に行きました。

すると出てきたTさんは凄い形相で「お前ともう別れる。関係ないし返さない。」と言いました。K君はそれは困ると話したら、部屋の奥からガタイのいいスキンヘッドの男が「おう、ワレ。人の女に手を出したな。今なら手打ちにして見逃してやるから80万よこせ!」と脅されて、隣人がいない間に私達にK君はSOSを求めてきたのです。

私とS君は「とりあえず。証拠も確保して警察に相談した方がいい。」とアドバイス。警察にK君と共について行き事情を説明。彼が隠し持っていたICレコーダーやTさんにお金を貸す時に詳細と内容を記録していたのでそれらすべて提出し話しました。すると警察の方が動いてくれて一緒にTさんの部屋に数人が行ってくれました。

Tさんの部屋からいかつい男が出てきました。しかし、警察官の方が令状見せたり話を聞いて男はおとなしく従って署の方に任意同行していきました。次の朝、K君から電話がありTさんが「もう部屋出ていくからこれだけ返してやる!!」と8万円を投げつけて荷物を詰め込み車で去っていきました。約100万円くらい出したのに帰ってきたのは8万円。K君に訴えて捕まえてもらえばといいましたが、「もう貸さない。こんなトラブル忘れたい。」とだいぶ落ち込んでいました。

余談ですがいかつい男は美人局などの詐欺や常習犯と解りその後逮捕。そしてTさんは一年前新聞を見たら逮捕された記事が出ていました。交通ルールを破り丁度張り込みしていた警察官に発見され御用。その余罪で他の男性から結婚の前提付き合いや式をしようとだまして数千万円のお金を取り通報され逮捕となりました。K君は女性に慎重になりましたが、現在何とか今もアパートで生活しています。友達の体験、経験見て金銭トラブルは怖いなと改めて思いました。

金の切れ目は縁の切れ目を体験して学習

お札のはみ出た財布初めに言わせて下さい。私特別貯金が沢山あるわけではありません。収入だって低所得に部類されるかと思います。でも昔からよく○○円貸して??と言われます。私万単位でお金を貸した人は今まで4人居ます。一人目は社会人になってすぐでした。

プライベートでも仲良くしていた自分の親くらい離れた方に29万。一緒にご飯食べてたらお会計の時財布がない!誰かに盗まれたと始まり明日息子の大学に払うお金が入っていてあれが無いと振り込めない。息子が大学に行けないのは困るから貸してくれ借用書も書くから。と泣きながら頼まれ、知らない人ではないからと借用書も書かさず貸してしまいました。それは全部嘘だったみたいで自分の店を切り盛りするのに困ってたみたいで。もちろんきっちり回収しました。もう関わりもありません。

二人目は高校の同級生。彼女は旦那から凄まじいDVを受けていて、旦那は働かない子供は5人目出来たなどなど…困って連絡が来ました。一度は3万、二度めは1万5000円。初めはこの子がお金借りれなかったらまた殴られるのかもと思い貸しました。二度目は心配半分諦め半分。結局返ってこず三年くらいして、軽いノリで3万貸してくれって連絡が来ましたが貸しませんでした。後日その子のブログで旅行に行っていたのが分かりもう返して欲しいというのは気持ちも無くなり関わってません。

三人目は近所に住む後輩。姉妹の様に遊んで居たので妹だと思っていました。その子は実の姉にお金を無心されて自分もお金が無いからと私に頼ってきたらしいのです。3万貸して○日に給料出るから返すね!と言って帰っていきましたがその日になっても連絡は来ず…電話したら今月は苦しくてすぐに返せなくなったとのことでした。ま、しばらくして返してもらいました。

最後の四人目は義弟です。2歳年下なのですが、まぁよく問題を起こしては警察にお世話になったりと手のかかる奴でした。でも凄く真面目に働くし話してても面白い子で…。その時も何か問題を起こして弁償だかなんだかで10万貸したんですよね。○日には返すから!と言ってましたがやはり返って来ません。家に行くと勝手口から逃げたと身内も呆れてました。色々ありましたがきちんと返してもらいました分割ですが。

お金の貸し借りで自分の悪いところを嫌という程思い知らさらました。私、情に流されやすいんですね。貸すのに背景を観てしまいそこに貸していい理由を見つけたり勝手な思い込みで情けをかけてしまう。そもそも大事な人だから貸してあげようって思うのが間違いですよね!だって、私本当に大事な人にはお金借りれないですもん。

これに気付いてからお金を貸してくれと言われると切なくなります。自分が大事だと思った人に貸した結果、誰一人期限を守らず遅れるにしても自分からは連絡すら寄こさない。これを考えると私しか頼れなかったわけではなく、私なら縁が切れても困らないと思われてたのかもしれないですよね!と、貸す側も気づいてしまった結果が金の切れ目は縁の切れ目だったわけです。

私はバカなので4度も嫌な思いをしましたが私の返答次第で切らなくてもいい縁があったのかもと思うともっと辛いです。今更どうでもいいですが。皆さんも大切な人なら貸さないことですね。その人の為にも自分の為にもです。
長々失礼しました。

新宿のぼったくりバーで8万円を支払った

もう10年以上前になりますが、新宿で出会いバーのようなものを利用したときのことです。出会いバーとは見知らぬ男女が相席になって、それからはお二人次第というものです。なぜ出会いバーを利用したのかと言えば単に彼女欲しさで入ったのですが、店内に入り席に通されると、程なく女子大生風の女性が私の席に誘導され私の隣に座ったのです。

おしゃれなバー彼女は丁寧に初めましてとおじぎをして挨拶してくれました。艶々な黒髪のロングヘアーでキャメル色のジャケットに白のひざ丈のスカートという育ちの良さそうなお嬢さんといった感じです。派手ではなく淑やかな感じで顔もそこそこ可愛いかったので私はラッキーテンションがあがり嬉しくて彼女と楽しく語り合いました。

なんとか彼女をモノにしたいとこのまま帰したくなかった私は、お店を換えようかと彼女に言うと彼女はすんなり承諾、これはいけると店を出て適当な店を探したのですが、その時彼女から「私が知っているお店があるからそこに行かない?」と言ってきたので私はその言葉に乗り、そのお店に入りました。

そのお店は雑居ビルの2階にある表からは目立たないお店で、中に入るとお客はいません。ソファーに通されて座ってお酒とつまみを頼みました。店員が二名いてあまり愛想がないのが気掛かりでしたが、彼女をどうモノにするのか頭が巡らせていたので気にせず彼女と語り合いました。

そして二時間経って、お店を出ようと会計をお願いしたら何と8万円もしたのです。私は怒りながらこんな大金払えないと店員に捲し立てたら中にいたもう一人の店員が現れてクレジット払いも可能ですよお客さんと威嚇するように話しかけてきたのです。あまりの金額に支払うのを躊躇いましたが傍にいる彼女を見ると心配そうな表情をしていたので彼女に心配をかけまいとやむなくカード払いに応じてしまったのです。

お店を出てからお店の支払いですっかり参ってしまった私はそのまま彼女と別れました。後日あらためて彼女を誘おうと電話をしたらずっと留守番電話で、メールしても返ってきません。この時点で私はお店と彼女がグルだと分かったのです。こんな可愛い子がぼったくりでひっかけるなんてと信じたくありませんでしたが、無理やりではなく巧妙にお店に誘ったことを思い出すと彼女はかなりのやり手なのでしょう。8万円は勉強代として諦めました。

お金を借りる時の態度、返す時の態度

僕は過去に友人に何度かお金を貸したことがありましたが、そのすべてで体験したことです。お金を借りるときはいつも低姿勢で申し訳ないんだけどなどと言いながら、それとなしに連絡を取ってきます。

手でバツを作る男性しかしここまでは全然普通なんで僕的には頭にも来ないし普通の事だと認識しております。そして返済もまじかになってくると大体の人が、連絡が取りにくくなります。または利息を払うから来月にしてくれと泣き言を言いだします。

僕は返す時が大事だぞみんなに言ってお金を貸すのですが、最後が絶対によくないことが多いです。これで終わりだからとかもうお前からは2度と借りないとか。それなら鼻から借りに来なければ良いのに、こっちだって友人相手に困ってるんだろうなと善意の気持ちでお金を貸すと大概がこの回答が返ってきます。

さすがに人間不信になりたくないので、貸す前に言ったこと覚えてるかと相手に尋ねたことがありますが、もう返し終わったんだからいいだろうとなかなかふざけた返しが来ますので、僕はこの事件があってから2度と友人でもお金は貸さないと心に決めました。今でもたまに友人からお金を貸してくれと言われることがありますが、お前たちが俺を裏切ったんだからと開き直り、一切貸さないようにしています。

お金を借りる時は嘘は付かないで欲しいです。

私が高校を卒業して、社会人として働き始めて半年程経った頃です。元クラスメイトから連絡がありました。(以降Aさん)Aさんはめちゃくちゃ親しい仲という訳では無かったのですが、休日にはたまにグループで遊んだりするぐらいの仲ではありました。

後姿の女性とても急いでいた感じで近くのファミレスに来て欲しいとのことで、その日は仕事も休みだったのもあり、すぐに駆けつけました。現地に到着するとそこには、元クラスメイトが他に3名いました。なんだろうと思いつつ、席に座ると私が最後だったらしくAさんが話を始めました。

要約すると、どうやらAさんは事故を起こしてしまったらしく、また保険も自賠責しか付けていない車で事故を起こしてしまった為、相手側からの請求や自分の車の修理費が高くつき、払えないとのことでした。元クラスメイトの友人の頼み、ということもあり1人が10万ずつ私の分も含めて計40万をAさんに貸しました。Aさんは平謝りを繰り返し、少しずつでも返すと言って店を出て行きました。

その後、毎月1万円ずつ振り込まれていたのですが、4回目から振込みが無くなりました。他に貸した友人も同様だったのですが、何か他に支払いがありそれで振り込めなかったのだろうという考えになり、更に1ヶ月待ちましたが振込みはありませんでした。

携帯も連絡がつかない為、高校の頃の記憶を辿ってAさんの家に向かうとそこは更地になっていました。近所の方に話を聞くと、どうやら家族皆で夜逃げをしたらしいのです。その話を聞いて、もしかしたら事故の話も嘘だったのでは、とも思いましたが何より嘘をつかずに正直に相談してくれれば今回Aさんに貸した友人以外のクラスメイトも力を貸してくれたのではないかと思い、裏切られたのと信用して頼ってくれなかったことで悲しい気持ちになりました。

自営で女社長なんて 形ばかり…。

受話器から聞こえる声のイメージ知り合いのバーに行き…カウンターで1人飲んでいると 横に肌の汚い…でも服装や持ち物は高価な物を身に付けている女性が横に座ってきました。態度がすごく横着な感じで私に名前を聞くと早速呼び捨て状態…。なんて態度の悪い人なんだと思っていると 私に電話番号を聞いてきました。

それから 延々と仕事の話や 自分の私生活の事 日頃のうっぷんを散々私にぶつけてきて 私の分もお会計を済ませ帰って行ったのですが…その後バーのマスターが 「あいつには関わらん方が身のためだから 電話に出るなよ」と私にアドバイスをくれたのですが お礼も言わなきゃと思っていたので一度は電話で話さなきゃいけないなぁ…と思っていました。

次の日に電話があり…その度にこないだご馳走したバーでの支払いの事を引き合いに出され 執拗にお金を貸してくれと泣いて頼まれる始末…。これが毎日 一時間置きに電話が鳴るので 断る事もできず 銀行から3万円を振り込みました。

自分の中では あげるつもりで振り込んだのですが(返してくれとも言えない小心者なので 泣)それからも毎日 生活がきついだとか 仕事がうまく行かないだとかなどという事を理由にして電話をしてきますし お金を貸してほしいと言われるので バーのマスターに相談し 間に入ってもらい携帯番号を変え やっと今は落ち着きましたが 本当に恐ろしかったです。

これまで 生きてきて 会ったことがないタイプの人だったので 私が振り込んだ3万円は人生のお勉強代だと思うことにしました。泣

いきなり給料が未払いに。

たくさんの積まれたノートわたしが10代の頃の話です。従業員は10名ほどの小さな会社で、高校生の頃からテレフォンアポインターとして働いていました。大学卒業後は一旦別の会社に就職しましたが、退職してフリーターの状態の時に、会社の従業員である知り合いから「今従業員を募集しているから、戻ってきたら」と声をかけてもらいました。

「知り合いもいるし楽だから」という軽い気持ちで、古巣の教育関係の会社で正社員として働くことにしました。会社は教育関係とは名ばかりの会社で、実際はよくある教材販売の会社でした。共同経営ということで2人の代表の下で働いていました。

税務署から来たという人が何度か会社に来たり、何度も事務所の引っ越しがあったり…と、今考えたら怪しい会社である匂いはすごくしていたんですが…。当時は若かったこともあり、ただ日々が過ぎる中働いていました。

そんなある日、代表の1人から「今月から給料は払えない」といきなり言われたのです。従業員はパニック。事務所の家賃も払えないということでその日から事務所を閉める準備に追われました。次の仕事も見つからない、今月の給料が出ないのに顧客対応に追われました。結局、代表2人とは連絡が取れず30万円ほど給料は未払いのまま、泣き寝入りするしかありませんでした。