カテゴリー別アーカイブ: 友人・知人

借金の申し出を平気でしてくる友人には、気を付けた方がいい

引っ越した先で知り合いになり、友人関係になった女性がいました。すぐに仲良くなり、出かけることも増えて、買い物に一緒に行ったりするようになったのですが、次第に金銭感覚の違いが分かってきました。

スーパーのカゴ車彼女の買い物かごは、いつも一杯に入った入った食材で満たされています。しかもいつも2つ。必要なものしか買わない私を、いつも見下していたような感じでした。「お金が無いから、少ししか買わないんでしょ?」そういう目で見られていました。

その後、しばらくすると「一万円貸してほしい」と、借金の申し出をするようになってきました。無計画に使うからだと腹も立ちましたが、困っているので貸してしまいました。決めた日に返してもらう約束でした。

しかし、返すどころが借金の申し出が再び。「来月には必ず返す」と言って借りていきました。そうして貸したお金が増えていきました。少しずつ返ってはきますが、なかなか期日にすぐ返してくれることはありません。居留守も増えて、電話にも出ず、私を避けるようになってきました。

それでも電話や電気が止められると、電力会社など必要な所に連絡を入れるために、電話を借りにきたりしていました。それが解決したと思ったら、今度は共益費の滞納で保証人に連絡が入ったので、一年分の共益費を借りに来る始末。さすがに共益費の額が大きいので貸しませんでした。

借りて返してを繰り返して、8万円。半分は返って来ましたが、残りは返してもらえないままです。最後は、向こうが逆ギレして完全無視で終了です。悪口を言いふらされて、私が悪くなっていました。借りててよく言えるとは思いましたが、関わりたくなかったので、言わせておきました。

彼女はその後、引っ越して行きました。家賃や共益費の滞納し過ぎで出されたのです。

その場をどうにかするために簡単に何度も借金の申し出をする人には、気を付けた方がいいです。人を見る目がなかったです。

新興宗教にハマった後輩

1年前、今まで音信不通だった大学の後輩から突然連絡がきたことがありました。何かあったのか心配になり、話を聞くと悩み事があり会って話したいとのこと。連絡をもらってから約1週間後、会うことにしました。
後輩から話を聞いたところによるとどうやら両親が病気がちで自分のお給料だけでは生活できなくなっている、30万円ほど貸して欲しいとの内容でした。突然連絡をもらった時にもしかしてお金関係かなとの予感はあったので、やっぱりかという気持ちでした。昔、彼にお金を貸してそのまま返ってこなかったことがあり、それからお金の貸し借りはトラウマになっていたので、今回も断るつもりでした。
japanese_men_pose_vol2 (48)でもあまりにも後輩が思い悩んでいる姿を見たら私も辛くなり、30万円は貸せないが半年以内に返してくれることを条件に10万円だったら工面できることを伝えると、後輩は何度も御礼を行って、笑顔を見せてくれました。それからすぐに10万円を貸し、私も後輩を信じて待つことにしました。
半年後、一向に後輩から連絡が来ません。おかしいと思い、連絡したが折り返しがなく後輩を知る共通の友人に連絡して、事情を説明してみたところ、どうやら後輩は新興宗教にハマり片っ端から勧誘をしていたとのこと。その宗教でとてつもなく高い商品を買わされて借金地獄だったことらしい。こんな話、テレビなどでしか見たことがなくまさか自分が被害者になるなんて思ったこともなかったので、ショックよりも衝撃が強すぎました。
お金は返ってこなくても良いから、後輩とは絶対連絡を絶とうと決めました。それから何度か知らない電話番号から電話が来るようになり、試しに1度出たらその新興宗教の幹部と名乗る人からで、怖くなってすぐ電話を切りました。その後も約1ヶ月知らない番号から連絡がきたりと怖い思いをしました。それ以来、どんなに仲が良い友人でもお金を貸すことはしないと心に誓いました

真面目だった友人の信頼からきた金銭トラブル

ある日突然友人からお金を貸してくれないかと言うラインが届きました。その時は持ち合わせがなく、そんなに貸せないといいました。しかし、友人からはなおも、いくらなら貸せるかというメッセージが届きましたが仕事中だったので、返信が返せないでいると連絡はこなくなりました。
それからしばらくして、別の友人から連絡が届きました。お金を貸してほしいと連絡してきた友人とは共通の友人で、しばらく連絡をとっていない子だったのですが、先ほどの友人からお金を貸してくれないかという連絡がこなかったかという内容でした。

ラインのアイコン
聞くと他の友人にも、5万円貸してほしい、10万貸してほしいと連絡して、借りた友人たちを把握しただけでも50万円以上は借りている様子でした。声をかけられていたのは大人しい子たちばかりで、お金を返せと催促するような子たちでなく、返せる時にいつでも返して良いよと言って貸したそうです。その子たちも自分にだけ声をかけたと思っていて、ショックを受けていました。
友人はお金を借りる前に、仕事を見つけて結婚を考えている恋人と一緒に暮らすと幸せそうに話していました。最近では仕事をみつけたので、仕事が楽しいという話しをしていました。しかしその後、恋人と別れ仕事もとっくに辞めていたというのが別の友人経由でわかりました。その後の行方はわかりません。
元々まじめで責任感の強い子だったので、みんなお金を貸してしまったそうです。私もタイミングが合えば貸してしまっていたかもしれません。

だらしない女は全てにおいてだらしない

6年間同棲していた彼女と別れる事になりました。相手の息子の携帯電話名義が自分だったので変更しましたが、その息子が利用した携帯代が6万ぐらい未納でした。

彼女に払えるのか尋ねたところ、「使った分は必ず払う」というのでその話を信用しました。
払うのは一か月後と言われ待ちましたが、待った結果、払って貰えませんでした。「息子の修学旅行代を払ったから払えない」と理由を付けてきたのです。その理由なら仕方ない気もしましたが、確か積み立てしてはずなので、払えないことを不審には思いました。
悪そうな兄さんさらに一か月待ちました。今度は家賃を滞納。「払わないと家を追い出されるから仕方なく払った。返すお金が無くなった」との言い訳。さすがに怒りましたが怒った所でお金は返ってきません。自分は今度は4ヶ月待つことを伝え、「今度は必ず払えよ」といいました。

心の中ではきっと払わないと思っていましたが、案の定4ヶ月待っても払ってもらえず、あきらめていた時にたまたま外で彼女と会いました。
その時彼女は男を連れていたのですがその男がいきなり怒鳴りつけてきました。
彼女は自分がお金返せとしつこいと言い回っていたのです。そして自分は男に殴られました。その時思ったのはなんでこんな女と付き合っていたのか情けない気持ちになりました。今だにそのお金は返ってきてません。

学生時代に友人に貸したなけなしのお金

私が専門学校に入学して1ヶ月くらい経過した時でした。

クラスメイトにも慣れ、初めての懇親会で友人になったばかりの子が、私に7万円ほど貸してほしいと言ってきました。理由を聞くと「彼女を妊娠させてしまい下ろすのにお金が必要になった」と言うのです。深刻な顔つきとその場の雰囲気で嘘でないことはわかりましたが、私は「親に相談した方がいいと思う」と彼に伝えました。

病院の外観イラストでも彼は「学校に入学したばかりで親にそんなことは言えない」といい泣きつかれました。いやいや、だったら避妊くらいしろよと思いながら、「手術するにはお前は未成年だから親の同意がいるだろ」と言ったところ、「同意は彼女の親がしてくれるから」とのこと。彼女の親もおおごとにしてほしくないらしく、費用を彼氏側がもつことを条件に同意してくれる話に進んでいるらしかった。
私はバイトをしていてお金はあったので、絶対に返すことを約束させ、さらに借用書がわりにスマホの録音機能で返済することの証明となる音声録音し、その日のうちに7万円を貸しました。7万円では足りず他の人にも貸してもらってたみたいです。
無事手術を終え、彼はバイトをして返してくれましたが月々の返済額は3000円でした。返してくれるだけありがたいですが、3000円ずつでは返してもらってる気がしないのが正直なところでした。滞納することはなく2年生終盤には全て返してもらいましたが、その間Twitterなどを見ると高校時代の友達と遊びに行っていたり、パチンコしたりする様子が投稿されていました。そんな余裕があるならもう少し多く返してほしかったです。
その友人とは今も遊びにいったりするのですが、「あの時ははすまなかった」とお酒を飲むといつも言ってるので彼なりに反省してることもあり、良好な関係を継続できてはいます。

皆さんもお金を貸す時には、月々いくら返してもらえるかも話した方がいいですよ!

大好きだったあの人に騙された

20歳の時、一人暮らしをしていた私は、出会い系のサイトにたくさん登録していました。その時に出会ったのが、当時18歳の男の子。自分より年下ということもあって、いろいろと気になってしまい、フィーリングも合ったことから仲良くなり、一人暮らしの私の部屋へ入れてしまいました。

当時彼氏と別れたばかりだったので、寂しかったし、異性の仲良しの友達ができたのが本当に嬉しかったんです。当然お泊まりの日もあって、そんな時はいい雰囲気に、、、。体の相性も良く、結婚したいとは思わなかったけれど、ずっと一緒にいたい、そう思うようになっていました。

ATMのイラストでもある日、「車が壊れたから急遽お金がいるようになった」と言われました。近くのセブンイレブンで降ろしてきてほしいと言うんです。世間知らずだった私は人を疑うことを知らず、言われるがまま自分の貯金の口座から40万を引き出し、車の中で彼に手渡してしまいました。

自分の家に帰ってから彼に電話すると、なんと拒否されていたので驚きました。訴えるにも、コンビニのカメラには私一人しか写っていないし、手渡したわけだから、自己責任と言われて終わるに決まっています。なけなしの貯金を持っていかれ、未だ返してもらえない。本当にばかだったと反省しています。

ブラックの友人に頼まれ代理でキャッシング

主人がある友達によく呼び出されては仕事を手伝わされたりしているのは知っていましたが、私が出産時に通帳を預けたことで、とんでもないことが発覚しました。
出産前に私が里帰りするにあたり、生活費の振り込みなど夫に任せており、出産後、通帳を返してもらうと、その友人から何回か15000円ずつ振り込まれている記載があったのです。
「これはなんだ?」と問い詰めると、実はお金を貸してて、少しずつ返してもらっているとのこと。
その時は貸した金額を聞いても「小遣いの中での話だよ」とごまかされましたが、ある日、スーツをクリーニングに出そうとポケットを探っていた時に出てきた一枚の紙で全てが分かりました。

通帳のイラストなんと、借金の返済の明細だったのです。金額に驚きました。200万。。

すぐに問い詰めると、その友人にキャッシングして貸したとのことでした。その友人はブラックリストの人でカードをもてない為、代わりに主人が借金したというのです。
「毎月返してもらっているから大丈夫」と言っていましたが、信用できないので、私の口座に振り込むよう伝えてもらいました。
出産時大変なときに借金をさせた友人が憎くてたまりません。そしてとても嫌な予感もしました。

予感は的中し、やはり半年ぐらいは返済がありましたが、その後まんまと逃げられました。もちろん連絡も取れず、主人は友人にまんまと騙され、裏切られ、逃げられたのです。小学校からの幼馴染だったので、主人もショックを受けています。
本当に人間としてあり得ないです。
ですが借金は全てうちのもの。少しずつ払っています。そんな最悪な経験をしました。

金銭感覚の違いと自己責任

私は高校1年生のときに電車で通学をしていて、私の他にもたくさんの人が電車通学をしていました。

ある日私は、友達の友達がお財布を忘れて、帰りの電車代がないことを聞かされました。放課後だったのであまり人がおらず、私はあまり話したこともない彼女にお金を貸すことになったのです。本当はお金なんて貸したくありませんでした。高校生でアルバイトも禁止で、お小遣いも少なく、他人に貸す余裕なんてありませんでした。
500円玉のイラストですが、困っている様子と「明日返すから!」との言葉を信じて貸すことになりました。金額は500円でしたが、高校生とはいっても自由に使えるお金が少ない私にとっては大金でした。
ですが彼女は次の日の朝、私に会ったにもかかわらず、なにも言ってきませんでした。2日、3日過ぎてようやく、「お金持ってきてないんだ!ごめん、明日返すね。」と言われました。ですがその言葉も嘘で、翌日返してもらうことはありませんでした。

結局返ってきたのは1ヶ月が過ぎたあたり…。こちらからお金の請求をするわけにもいかず本当に困りました。もっと自分の言葉に責任を持ったらどうなの?とも思いました。せめてお金が無いなら次の日に「ごめんね」って言いにきてくれればいいのに。それすらしないでお金を返す時遅くなってごめんね(笑)みたいな。
ふざけるなって思いました。ほんとお金を貸すのは自分は本当に信用できる人だけにしないといけませんね。今後はよく知らない人には絶対貸さないです。
私の失敗談でした!
みなさんもお金の貸し借りには気を付けて下さい!

貸したお金は一切返ってこない。

自分の親の話ですが、すぐに他人からお金を借りようとする癖が有ります。ちょっと困ると「何時何時にちゃんと返すから」と凄く丁寧に言って来るのですが、貸したら最後でお金は一切返って来た試しが無いです。こちらが貸したお金を返して貰おうと催促すると、今お金が無いと言われ、再三に渡ってしつこく催促すると、「払える金があったら返すわい!」と、逆ギレする始末。

札束を握る手
消費者金融からも多額の借金をしていたらしく、持ち家も私が子供の頃差し押さえられました。おまけにこんな状況ですので、学校に行くお金も出して貰えず自分でバイトをしながら学費を自分で払っていました。

でもこんな親でもやはり見捨てる事は出来ず、困っている姿を見ると、ついつい貸してしまうのがいけないのですが、躊躇すること無く借りにくるので困ります。しかも本人は「借りる」と言いますが、はっきり言って親に仕送りしているのと同じです。

子供の頃からこう言う環境で育って来たせいか、社会人になっても、知人や友達等からお金を貸して欲しいと言われる事が時々有ります。でも借りにくる人を全く信用出来ないのですが、断ると頼まれ続けるので、お金をあげたつもりで少しだけ渡して、今後一切連絡を取らずにその人とは縁を切るようにしています。

携帯料金の名義貸しを強要されて

消費者金融で借りたお金の返済を踏み倒してブラックリストに乗ってしまい、自分で携帯電話を買えない友人がいました。その友人は私に「お前の名義で俺の携帯を契約してくれ。毎月必ずお金は払う」と頼んできました。私は断りましたが何度も頼んできたので、仕方なく引き受けました。
その友人の携帯料金は、私名義なので私の口座から引き落としされます。ですので毎月私に料金を払ってもらいました。ところが3ヶ月近く経つとその友人は「仕事やめたから給料がなくて払えない」と言ってきました。「仕事やめたのはあんたの勝手でしょ?どんな理由があっても期日守るのが常識。子供じゃないんだからわがまま言わずに、ちゃんと約束守ってください。」と言いましたが、その友人は「給料ないんだからしょうがねぇだろ。お金ないならお前が消費者金融で借金すればいいだろ?」と一方的に怒鳴ってきました。

スマホのイラスト
その後その友人を再就職させて何とか料金支払いさせましたが、今度は毎日国際電話を繰り返し毎月7万~8万円の通話料が請求されました。「無駄遣いはやめろ」と何度も注意しましたが、その友人は私の忠告を無視して国際電話をやめません。そして友人は私の忠告を無視するために私を着信拒否、メール拒否、LINEブロックしてきました。
これに我慢の限界が来た私は、その友人の携帯を解約しました。私名義なので私が解約できたのです。その後その友人に料金の返済を求めに行きましたが、暴力ふるわれて結局返してもらえませんでした。元々すぐ怒る人なのでスンナリ返してくれないと予想はしてました。約8万円が2ヶ月分なので、約16万円を盗まれたようなものです。